出穂

黒米の出穂です

たった2粒の種から芽が出て2本の苗となり、すくすくすくすくと分けつ(成長と共に稲の本数が殖えてゆく)が殖えてゆき、本当に穂が出るのかしら?と心配していました
両隣のイネと比べてみてその豪快さは明らかです!!
しかし、暑さの峠を過ぎた頃から漸く始まりました

不思議なことですが、出穂する時に雨が降っていたり30度を超えるような高温になると、ある病気にかかりやすくなります

この黒米は生きる術を持っているのでしょうか

イネについているのはカマキリです

b0156551_6273815.jpg

[PR]
by arinomanma | 2008-09-12 23:08 |

中山間農業を見つめる、ありのままの姿