カテゴリ:作業( 31 )

薫炭づくり

籾まきのときに使用する薫炭づくりをしました。
藁と籾で作ります。

火事にならないように気をつけます。
b0156551_2251811.jpg

[PR]
by arinomanma | 2015-03-31 22:45 | 作業

稲の種まき

今年は、例年より遅くなりましたが、漸く種もみをまきました。

b0156551_1254308.jpg



よ~く土を練って、畝を作り、種もみをまき、燻炭をかぶせ、良く抑えてから、霜よけ、保温、鳥よけのためにシートをかぶせます。
b0156551_12564480.jpg


苗代のそばでは、桃に桜、梨の花が満開です
b0156551_131555.jpg
[PR]
by arinomanma | 2014-04-26 21:20 | 作業

漸く田植えを始めました

今年度も、漸く田植えを始めました

やっぱり、田植えは一番気持ちが良い空間です
水の音、土の感触、何とも言えません

b0156551_23262586.jpg

[PR]
by arinomanma | 2012-06-06 23:28 | 作業

木こり

今年は鳥獣が餌不足などで人里へ出てくることが多い年でした
私のところでも、春にはナタネ(油用の)を鳥が集団で食べて行き
夏には大豆をまた鳥が集団で食べて行き
秋には小屋にある糠をツキノワグマが食べて行きました

草が大きくなるとクマの姿が隠れるので、出てきます
木が大きくなるとクマも隠れ、田畑が陰になるので作物の生長が良くありません
今年は、大きな杉の木を切りました
年輪を数えてみると40年ほどでした

b0156551_22204389.jpg
稲刈り時期の様子

b0156551_22223322.jpg
1本目を切った後 
右の木は一本のように見えて、2本でした


b0156551_22255399.jpg
3本目を切った後
こちらの木は1本に見えて、3本に分かれていました
手前では、春に切った別の所の松の木を燃やしました(雨の日に)



同じ斜面にあった松の木も切らせてもらいました
奥の細い松を手前の杉と比較すると大きさがよくわかります
b0156551_22284134.jpg

[PR]
by arinomanma | 2010-12-03 22:54 | 作業

田植え

b0156551_2242481.jpg田植えが終わりました
b0156551_22435376.jpg耕転して
代掻きをして
苗代で苗取りをして
糸を張って
田植えをしました
b0156551_224676.jpg今年は他の人にも沢山手伝っていただきました
ありがとうございました
ちゃんと育って、たくさんお米をつけてくれますように
b0156551_23285374.jpg

[PR]
by arinomanma | 2010-06-27 21:54 | 作業

苗代つくりました

b0156551_20104035.jpgb0156551_20101985.jpg

ようやく水仙が咲き始め、ふきの葉が出始めました

b0156551_20112219.jpgb0156551_20113793.jpg

今年は薫炭をたくさん作りました
苗代に種籾をまいて、薫炭をかけるのです
きっと暖かいでしょう

b0156551_20122494.jpg

b0156551_20124679.jpg
苗代作りをしていたら、雪が降って、霜も降りる日がありました
種まきをしていても、雪がちらつきました
3日間かけて、種まき終了です
[PR]
by arinomanma | 2010-04-08 19:49 | 作業

春の風と堆肥まき

今日は春のはじめらしく、暖かく、風のある一日でした

田んぼも陽に当たる所はとても気持ちよさそうです
日陰のところは、なんとまだ氷がはっていましたb0156551_11511657.jpg


苗代をつくるために、まず堆肥をまきます
一昨年の秋に刈った草の堆肥です
とても暖かいので、蛙やクモがいました
b0156551_11504015.jpg

b0156551_11513686.jpg



こちらは菜種油用のナタネです
とっても元気です
肩寄せ合って冬を越し、これから間引いて、すくすく育ってくれるでしょうか
b0156551_11535267.jpg

[PR]
by arinomanma | 2010-03-20 22:28 | 作業

やっと

b0156551_20545938.jpg
稲刈りが始まりました

 籾が濡れていては、干しても中で蒸れてしまい、乾かないので朝露のとれる10時頃から稲を刈ります



b0156551_20551960.jpg
稲を束ねて    はで場(はでの立ててある所)に運びます




b0156551_21445178.jpg

    それから、19時、20時頃まではでに掛けます
    そうして、雨が降っても、藁と籾が濡れてしまわないようにビニルを掛けます

    昔は笹の葉で蓋をしていたそうです
[PR]
by arinomanma | 2009-10-22 20:51 | 作業

花が咲く前に

稲の花がそろそろ咲き始めます
花が咲き、自家受粉すると、実であるお米が作り始められます
成熟したお米のでき始める時は、まだうすっぺらで、甘くて、白いお汁の様です
人間は煮炊きができるので、お米が成熟した方が量が増えて更に美味しく食べられると知っているので成熟するまで待ちます
しかし、鳥や虫や小動物は、より簡単に美味しく食べられる方を好みます


b0156551_2256278.jpg
その動物達ができるだけお米を食べない様に水田にネットを張ります


b0156551_2256197.jpg
水田の周囲の草刈り、杭たて、ひもはり、ネットはりをします



b0156551_2331892.jpg

ウバユリが咲いていました
動物よけの柵が役に立っているのでしょうか?
[PR]
by arinomanma | 2009-08-10 22:38 | 作業

田植え

今年は縦にひもを張り、等間隔に目印をつけ、そこに植えていくようにしました
b0156551_647139.jpg

[PR]
by arinomanma | 2009-06-12 00:31 | 作業

中山間農業を見つめる、ありのままの姿